ネイティブの講師を選ぶ基準

人気かどうかに注目!

日本人の場合でも同じことが言えますが、経歴を一つの基準として考えるのは良いです。
学歴はもちろん、どれくらい講師をやっているのかやこれまでどんな仕事をしてきたのかを確認できる場合は見ておきましょう。
一番注目すべきはやはり講師歴で、長ければ長いほど教え慣れている上、分かりやすい授業をしてくれる可能性が高いと言えます。

そして、多くの受講者に支持されているかどうかも大切なポイントです。
評判が全てではありませんが、評判が良いということは同じ日本人が受講して楽しい、分かりやすい授業をしてくれているからだと考えられます。
ぜひ、公式サイトや口コミ、実際にレッスンを見学できるなら見学するなど、講師の評判はチェックしておきましょう。

人柄で選ぶのもアリ

もし、体験レッスンなどを行っているところであればぜひ一度受けてみましょう。
教室の雰囲気を肌で感じることができますし、講師と直接話す機会をもつことができます。

その際に、共通の趣味や職歴があるかどうかを見てみましょう。
共通の趣味であれば、好きなことの話でわいわい盛り上がることができますし、初対面でも打ち解けて会話を楽しむことができます。
しかも、自分も知っていることの話ですから英語が全て分からずとも会話できる場合が多いので、緊張しすぎずに落ち着いて教室の雰囲気を味わうことができます。

また、その講師の出身国も聞いてみましょう。
英語といっても、地域によってイントネーションやスペルなども違います。
自分の目的や行きたい地域に合わせた講師を選ぶとより実際に使えるようになります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ